心理

発達支援教育士とは?できることやどんな仕事がある?

 

「発達支援教育士ってなに?」

「発達支援教育士はどんな仕事で役立つの?」

どのようにして取得できるの?」

といった疑問があるのではないでしょうか?

 

結論から先にお伝えすると、発達支援教育士という資格は、発達障害の有無に関係なく子どもの自立を後押しする資格になります。これにプラスして家庭レベルだけでなく、医療業界や教育現場などで注目されている資格です。

 

注目が高まっているとは言えど、具体的に発達支援教育士を取得後どのように活躍できるか、また他の”支援教育士”とつく資格との違いついて気になるところだと思います。ですのであなたの悩みに応えるべくこの記事では、

・発達支援教育士とは何か

・発達支援教育士の活躍の場

・どのようにして取得できるのか

といった内容を網羅的に解説していきます。

 

発達支援教育士とは

発達支援教育士は株式会社整理収納教育士が認定している民間資格であり、見た目に問題のない発達障害特有の子どもたちへのサポートを行う専門的な資格になります。

 

今現在の日本では、発達障害やグレーゾーンと言われる子供が増えていることもあり、「発達障害」と言う言葉に触れる機会が増えてきています。このような現状が続く中で発達障害について理解を深めることは必要不可欠です。

 

このような状況の中で発達支援教育士という資格を通し、発達障害への正しい知識を取り入れることで、子供たちへの支援の幅が広がり、子供たちとのコミュニケーションを円滑にすることが可能となります。また、発達障害でない子どもの教育にも大変役立つ資格でもあります。

 

発達支援教育士のできること

この資格を取得することでできることが、

・子供とのコミュニケーション

・子供への整理、収納の教育

・衣類を含めた身だしなみ

・子供に対するお金の管理

などといった内容を発達障害の有無に関係なく子供達に伝えることができます。

 

発達障害の子供について理解を深めることができるだけでなく、子供たちの特性を知ることでコミュニケーションがスムーズになり、子供たちの心身への負担が減ります。このことから発達支援教育士と言う資格は、子供達の成長に大きく関わることができる資格”ということがわかります。

 

発達障害への正しい知識を身につける。

子供たちへの対応の仕方が変わる。

子供たちにとってより良い環境で生活ができる。

↓ 

子供たちにかかる心身への負担が減る。

 

発達支援教育士として活躍できる仕事

発達支援教育士の資格は、家庭で役立つことはもちろんのこと、医療・福祉の現場や教育現場での活躍が特に期待できます。

 

なぜなら、発達支援教育士では発達障害特有の症状に対しての基礎対応を学ぶことができることから、

・医療現場では、リハビリなどの指導の質が向上する。

・福祉現場では、遊び方や注意の仕方などの引き出しが増える

・教育現場では、発達障害の全体像を把握した上での指導ができる。

などといった各分野でのメリットがあるからです。

 

また、資格取得を目指す方の多くが一般の方や医療・福祉の現場、教育現場で勤められている方ですので、今後ますます3つの業界での活躍が期待できます。

 

上の3つ以外で活躍できる場として、「ベビーシッター」「通所のスタッフ」などがあり、こちらは無資格でできる企業もあるため発達支援教育士の資格を取得しておくことで優遇されやすいことが予測されます。

 

発育支援教育士の取得方法

結論から先にお伝えすると、発育支援教育士には、株式会社整理収納教育士が指定している認定講座を受講すると取得することができます。

 

認定講座の概要

発達支援教育士の講座自体は全国各地で行われており、最近ではオンラインでの受講が可能となっています。期間は1日約5〜6時間の受講となります。

 

・指定の認定講座を受講すると取得できる

・講習期間は1日

といった内容をふまえると、発達支援教育士を取得するにあたっての難易度は決して高くないことがわかります。

認定講座のカリキュラムについて

各地で行われる発達支援教育士の講座カリキュラムは、

・発達障害とは

・支援方法の基礎

・コミュニケーションツールの活用と言葉掛けのヒント

・服の管理と身だしなみ

・お金を上手に使える子になるための工夫と取り組み

・実例のご紹介

引用:株式会社整理収納教育士公式HP

という内容になります。

 

ここで言うコミュニケーションツールとは、視覚などの感覚的な情報を有効に使ったりすることを表します。

 

この章でふれた要点と気になる費用について表にまとめておきます。

受講料 16,500円(税込)
教材費・認定料 7,150円(税込)
受講期間 1日(5〜6時間)
受験資格 どなたでも受講可能

 

申し込みはこちらから

その他の支援教育士との違いについて

発達支援教育士のほかに”支援教育士”とつく資格があり、その資格を”特別支援教育士”と言います。この資格は特別支援教育士資格認定協会が認定している民間資格になります。

 

主にLD・ADHDといった発達障害に関する資格の中でもより疾患に特化して、評価や指導を行うことができる専門資格です。

 

発達支援教育士と違い、資格を取得するには

・日本LD学会の正会員であること

・関連職種に所定の時間以上従事しないといけない。

・セミナーで規定の点数を修得しないといけない。

などといった条件が設けてるので、必然的に難易度が高いことが予測されます。

関連記事

>>特別支援教育士とは?難易度や取り方、仕事内容

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回この記事で発達支援教育士は、

・発達障害の有無に関係なく子供の自立を手助けするための資格であること。

・発達障害への知識が深まり、子供の特性を理解できるようになる。

・医療や福祉、教育現場などでの活躍が期待できる。

・指定の認定講座を受講すると取得できるということ。

といった内容を詳しくお伝えしていきました。

 

発達障害の子どもに限らず、この資格を取得することで子どもへの理解がより深まりますので、まずは申し込んでみることをオススメします。

 

申し込みはこちらから

 

 

-心理

Copyright© 資格を取りたい人が最初に読むサイト【しかくーも】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.