世の中にある資格の勉強方法や難易度、受験方法などを解説したサイトです。

資格を取りたい人が最初に読むサイト

ビジネス

ビジネス実務法務検定3級の難易度・勉強時間は?テキストもご紹介

資格取ろうか悩んでる人
ビジネス実務法務検定3級を取ろうと思っているのですが、難易度はどのくらいなのでしょうか?

 

ビジネス実務法務検定3級を取ろうか考えた時に

 

「どんな資格なんだろう」

「試験は難しいのかな」

「どのくらい勉強すればいいのかな」

 

このようなことが気になると思います。

 

新しく勉強を始めるには試験について知らなければ対策も立てられませんよね。

 

そこで今回は

 

・ビジネス実務法務検定3級の資格について

・試験内容や難易度はどのくらいなのか

・勉強時間やお勧めのテキストは

 

について解説していきます。

 

ビジネス実務法務検定3級とはどんな資格なのか

「ビジネス実務法務検定」とは、ビジネスで必要となる実践的でかつ基礎的な法律知識を獲得する検定の事を言います。

1級~3級まであり、3級は一番初級にあたります
資格の専門家

 

民法・商法・労働法など様々な法律を幅広く勉強することで、ビジネスにおける業務上のリスクを未然に回避し身を守ることが出来ますし、事業活動の主要分野を多くカバーすることが出来る民間資格になります。

 

例えば

取引先と契約書を終結する時、契約内容に不備や不利益が無いかを事前に見つけることが出来れば、自分のミスを防ぐことが出来ますし結果的に会社へのダメージを未然に防ぐことになりますよね。

「コンプライアンス(法令遵守)」の意識が高まる現代、身に付けておくととても有効な資格と言えます。

 

3級は法律の勉強と言えども比較的取り組みやすく、資格を取得することで今の仕事に活かせるのはもちろん、上級資格のステップアップ転職活動の際アピールポイントにもなりますので是非とっておいた方が良いですね。

 

また、試験を受験する方たちは下記のグラフでも分かるように、

金融・保険業が18.2%、その他サービス、製造業、大学生、卸売業と様々な業種の方がこの資格を受験しています。

 

引用:東京商工会議所HP 検定試験情報

 

やはりどんな業種においても法律の知識は必要不可欠なのが分かります。

 

資格取ろうか悩んでる人
なるほど。勉強しておくと良さそうな資格ですね

 

ビジネス実務法務検定3級の試験内容や難易度は?

では試験の詳細や難易度はどうなのでしょうか?

 

ビジネス実務法務検定3級を受験しようと考えた時、何処に申し込んだらいいのか、どんな問題が出るのかなど試験の詳細が気になりますよね。

そこで

・試験詳細

・試験の難易度

・受験者の体験談

 

これらについて詳しく見ていきたいと思います。

試験詳細

まずは試験の詳細を見ていきましょう。

 

資格主催団体は「東京商工会議所」となり商工会議所のHPから申し込みをします。

 

ビジネス実務法務検定3級の試験内容についての詳細は下記にまとめました。

主催団体 東京商工会議所
試験 6月・12月
受験手数料 4,400円
受験資格 制限はありません
試験時間 2時間
回答方式 マークシート方式
合格基準 100点中70点以上
申し込み インターネットか電話
試験会場 全国各地

 

試験内容は3級公式テキスト(2020年度版)の基礎知識と、それを理解したうえでの応用力を問われます。

 

試験内容

・ビジネス実務法務の法体系
・企業取引の法務
・債権の管理と回収
・企業財産の管理と法律
・企業活動に関する法規制
・企業と会社のしくみ
・企業と従業員の関係
・ビジネスに関連する家族法

引用:商工会議所HP 検定試験情報

 

また試験の出題は基本的に1点問題ですが、2点問題が15問あるため、合計85問です。

 

問題の配分はこのような感じとなっています。

・○×問題が30問

・空欄補充問題40問

・四肢択一問題15問

記述はなく○×問題や空欄補充問題が多いのが分かりますね。

 

またビジネス実務法務検定に合格すると下記のような称号をもらうことが出来ます。

取得レベル 称号
1級 ビジネス法務エグゼクティブ
2級 ビジネス法務エキスパート
3級 ビジネス法務リーダー

ここで得た称号は自分の名刺に書き込みビジネスに活用も出来るので、上級の称号を目指すモチベーションにつながりますね。

試験の難易度は?

ビジネス実務法務検定は1級~3級まで各級で難易度に大きな差があります。

 

中でも3級は基礎論点しか出題されない為比較的やさしい資格といえるでしょう。

 

難易度を他の資格で例えるなら、普通自動車免許や英検3級のレベルくらいです。

 

過去の合格率は70~80%となっており、2019年度の試験結果は下記のようになります。

試験日 受験者(人) 実受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
45回 6月30日(日) 3級 11,247 9,866 7,911 80.2
46回 12月8日(日) 12,855 11,195 7,906 70.6
年度合計 24,102 21,061 15,817 75.1

引用:東京商工会議所HP 検定試験情報

 

また3級は2級と併願して受験も可能ですので、比較的取りやすい3級と少し難易度の高い2級をセットで勉強し取得する人も多くいます。上級を目指しているなら併願することもお勧めです。

受験者の体験談

では実際に3級を受験した方の声を見てみましょう。

受験者の声

・○×問題が多かったのでテキストが理解できていればほぼ受かる試験だと思った。

・法律とは無縁な人間だったので、最低限の法律基礎知識を受験しておいてよかった。またニュースが理解できるようになった。

・新入社員はビジ法3級が必須だったが、受験したことで社会人としての一般常識を学べた。

このように、3級を勉強したことによって法律に興味を持ったりニュースが理解出来た。社会人としての一般常識が身についた。など沢山のプラスの面がみられます。

 

最近では3級の取得が必須となっている会社もあるようなので、大学生が受験者の1割をしめているのはこのような理由もあるかもしれませんね。

 

3級は比較的やさしいとはいえ法律の知識となります、勉強を怠ればもちろん受かることは出来ません。

まして会社で取得が必須条件であるなら、年に2回しかない試験日で確実に取得できるようしっかり対策を立て勉強をしましょう。

 

ビジネス実務法務検定3級を取るのに必要な勉強時間は?

いざビジネス実務法務検定3級を受験しようと思っても、

 

資格取ろうか悩んでる人
独学でも合格できるの?勉強時間はどのくらい必要?

 

という不安がありますよね。

 

大丈夫です。独学でも充分合格できる資格です。

 

3級の平均勉強時間は40時間と言われていますので、1日1~2時間の勉強時間が確保できたとして、1~2ヵ月くらいではないでしょうか。

 

勉強の仕方に個人差はありますので平日勉強に時間が取りづらい、週末にしっかりやりたい等ある場合は余裕をもって始めることをお勧めします。

 

独学で勉強すると下記のようなメリットがあります。

・費用が抑えられる

・自分のペースで出来る

 

社会人となると働きながら勉強するので学校のように時間に縛りがあるものは現実的に難しくなります。

忙しい社会人だからこそ独学での勉強が選ばれているのだと思います。

 

ビジネス実務法務検定3級のおすすめのテキストや勉強方法は?

まず独学での勉強法としては、以下の方法が一般的です。

 

・テキストと問題集を繰り返し解く

・動画やアプリを使う

 

 

そこで「お勧めのテキスト」と「動画やアプリの活用」について詳しく解説していきます。

おすすめのテキスト

3級は基礎論点しか出題されないことやマークシート方式である為、基本的にはテキストと問題集を繰り返し解き理解していく方法での勉強をします。

 

そこでテキストを選ぶ際、やみくもに選ぶより「試験詳細」でも紹介した、東京商工会議所によって出版された「公式テキスト」をやることで、出題区分に沿った勉強が出来るのでお勧めです。

 

ビジネス実務法務検定3級公式テキストの詳細はこちらです。

ビジネス実務法務検定試験®3級公式テキスト 2020年度版
価格:本体2,800円+税
第1章ビジネス実務法務の法体系
第2章企業取引の法務
第3章債権の管理と回収
第4章企業財産の管理と法律
第5章企業活動に関する法規制
第6章企業と会社のしくみ
第7章企業と従業員の関係
第8章ビジネスに関連する家族法
第9章総合問題

過去問題

 

 

ビジネス実務法務検定試験®3級公式問題集 2020年度版
価格:本体2,400円+税
第1章ビジネス実務法務の法体系
第2章企業取引の法務
第3章債権の管理と回収
第4章企業財産の管理と法律
第5章企業活動に関する法規制
第6章企業と会社のしくみ
第7章企業と従業員の関係
第8章ビジネスに関連する家族法
第9章総合問題

過去問題

 

引用:東京商工会議所 「ビジネス実務法務検定3級 公式テキスト」

上記サイトから購入出来ますので詳しくは東京商工会議所のHPをご覧ください。

 

資格取ろうか悩んでる人
出題区分に沿った公式テキストなら勉強もしやすいですね

 

勉強の進め方として参考例を載せておきます。

勉強方法参考例

  • テキストと問題を軽く数周読み解く
  • 過去問を解く(過去問の傾向を知るため)
  • 確実に解けるところには☑をつける
  • ☑がついていない問題を重点的に解く
  • 解説でも分からないところはネットを使って調べる
  • 繰り返す

まずは公式テキストを使って基礎論点を理解することに集中し繰り返し解くことをしていきましょう。

動画やアプリを使って勉強する

また独学で勉強するのに活用されているのが「動画やアプリ」になります。

 

動画やアプリのみを使って勉強するというより、補足として使う方法がおすすめです。

 

解説で理解できなかった部分をネットを使うことで理解出来たり、アプリを使って専門用語を覚えたりも有効ですね。

 

動画やアプリでの勉強のメリットとして

・隙間時間を活用できる

・お金がかからない

・解説をしてくれるため、分かりやすい

 

「通勤時間」や「お昼休憩」などの隙間時間こういった動画やアプリを活用するのはとても効率が良いと言えますね。

 

ほかにも「動画通信講座」と併用して勉強する方法もあります。

動画通信講座は教材は無く動画のみの講座になりますが、そういった講座は料金も比較的安いので独学とプラスして活用するのも一つの手段では無いでしょうか。

また、通信講座は2級とセットになっていることが多いので、併願を考えている方には更にお勧めと言えます。

 

まとめ

ビジネス実務法務検定3級について解説してきましたが参考になりましたでしょうか。

まとめますと

・ビジネス実務法務検定とはビジネスで必要となる実践的でかつ基礎的な法律知識を獲得する検定の事を言い、ビジネスにおけるリスクを未然に回避し、事業活動の多くをカバーすることのできる民間資格である。

 

・難易度は比較的やさしく、合格率70~80%となっている。

 

・勉強時間は40時間で1日1~2時間の勉強なら1~2ヵ月はかかる。勉強の方法は公式テキストと問題集を繰り返し解き、補足で動画やアプリを活用することをお勧め。

 

どんな仕事においても法律の知識があることで自分の身を守ることが出来ます。3級の資格は比較的やさしいので取るか悩んでいるのであれば取っておいた方が良い資格といえるのでは無いでしょうか。

 

ここまでありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

-ビジネス

Copyright© 資格を取りたい人が最初に読むサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.